顔のむくみ(顔や手足の細胞組織に水分が溜まって腫れることをいいます)をとるには、毎日のマッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)が最も効果があります。 日課として行うようにしていくと、より一層の効果が期待できるでしょう。 顔のむくみは血流の悪さが原因で起こることも多い他、夜に食べ過ぎたり飲みすぎたりすると、翌日は顔がむくんでいるという人もいるのです。 そこで、顔のリンパマッサージ(老廃物の排出を行うリンパの流れを促進することで、体の疲労がとれるでしょう)を行うことによって、むくみ(顔や手足などの体の末端部分に水分が溜まって腫れることをいいます)を解消する事が出来る為にす。 マッサージときくと面倒くさいと感じる人もいるかもしれませんが、方法はいたって簡単です。 もちろん、本格的なマッサージを行うのが一番効果がありますが、マッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)方法が判らないという人は、指の第二関節などを使用して、あごから耳のあたりまで指をぐっと移動させるのみでも効果があります。 このマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)をして痛みを感じるという人は、血流が悪くなっていてリンパの流れが滞っており、老廃物が溜まってしまっている状態です。 溜まってしまった老廃物は、顔のむくみ(顔や手足などの体の末端部分に水分が溜まって腫れることをいいます)の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)でもありますから、取り合えず1日5分でもいいので、マッサージしてみてくださいー